サイトアイコン 【トリプルメソッド】瀬尾大作の株式デイトレードブログ!

【株式トレード】長期トレードから短期トレードに転向して思うこと!

ハート型の雲・アイキャッチ画像

ハート型の雲・アイキャッチ画像

日記に書き留める・イメージ

日記に書き留める・イメージ

おはようございます!瀬尾大作です。

 

私は、これまで、商品先物取引、株式トレード、FXトレードをしてきました。

商品先物取引に始まり、株式トレード、FXトレードを28年の長きにわたりトレードをしてきましたが、それはすべて、「長期トレード」のスタンスでトレードをしてきました。

それで、デイトレードのような「短期トレード」は初めてです。

 

そのため、不慣れなことが多く、正直、頭の機転が利きません。

実はもう忘れていたのですが、昔、株式デイトレードを試みて、失敗したことを今思い出しているところです。

 

最初のトレード、商品先物取引は、営業の人に勧められてやったので、あまり参考になりません。

商品先物取引は、除外して考えています。

 

なので、自分でパソコンに向かいトレードをやろうとした最初は、株式トレードだったのです。

当時は、長期トレード、中期トレード、スイングトレード、短期トレード、デイトレード、スキャルピングなど、もうすでに色んな手法があり、その中でも株式デイトレードは人気のトレード手法でした。

 

それで、私もやってみようということで、いろいろ本を読み漁って勉強し、デイトレードを始めました。

しかし、思うような結果が出ず、株式デイトレードを辞めてしまったという苦い経験があります。

 

今では、その時とは違い、長期トレードをいろいろ経験してきました。

そして、一応、自分で言うのも変ですが、結果は出してきています。

 

FXの長期トレードをしていた時は、大きくポジションを持っていました。

最初は、含み損を出すこともありますが、計画的にポジションを持っていけば、大きな含み益を持つことになります。

 

そして、その大きな含み益を持ち続けることになります。

それで、その含み益を持っているのが当たり前になっていきます。

そうです。

私は、大きくポジションを持って、大きな含み益を持っているのが当たり前だという感覚に慣れ、そう思うようになっているのです。

暗闇からの希望・イメージ

ということからか?最近始めた株式デイトレードでは、練習のために少ない金額でスピーディーなトレードをしていますが、そのスピード感についていけていません。

速すぎるという感じは特にないのですが、タイミングが合わないようです。

そして、まだまだ株式デイトレードに慣れません。

 

正直に言うと、株式デイトレードの最初の練習で、「10万、20万負けるだろうな!」と思っていました。

「そして、それから、少しずづ勝っていけばいいや!」くらいに思っていたのです。

 

ところが、10万、20万負けてもいませんし、残念ながら勝てるようにもなっていません。

 

ということで、もっともっと練習して慣れてうまくなり、勝てるようになりたいと思っています。

「初心に帰って、負けてもいいから、株式デイトレードに慣れるしか手がないな!」と思うようになっているのです。

 

それでは、最後までお読みいただき、ありがとうございました。

モバイルバージョンを終了