サイトアイコン 【トリプルメソッド】瀬尾大作の株式デイトレードブログ!

【株式トレード】勝つか?負けるか?の確率は2分の1、50%という話!

SELLとBUY・アイキャッチ画像

SELLとBUY・アイキャッチ画像

ノートレードとコーヒー・イメージ

ノートパソコンとコーヒー・イメージ

おはようございます!瀬尾大作です。

「株式トレードで勝つか?負けるか?の確率は2分の1、50%という話!」について、書いてみたいと思います。

 

12月に入り、私の株式トレードの成績は、現在、1勝3敗。

つまり、私の勝率は25%です。

ちょっと前までは、0勝2敗、勝率が0%でした!

 

私自身、自身が未熟者ということを理解したうえで、これは、はっきり言って、ちょっと情けないです。

 

なぜか?というと、

勝つか?負けるか?の確率は50%!という話を、超初心者向けのFXトレードの本で読んだことがあります。

 

私は、株式トレードをしていますが、為替・FXトレードも勝率ということでは、類似しているのでその話を紹介したいと思います。

ちょっと、説明になりますが、株式トレードとFXトレードのどこが似ているのかというと、株も為替も、上がるか?下がるか?の値動きでトレードするという点です。

ブルとベア(強気と弱気)・イメージ

それで、どういった話か?というと、

もしも、FXトレード、為替のトレードを何の知識もない初心者がトレードしたとしたらどうなるか?という話で、「その勝率は2分の1、つまり、50%ですよ」をいうことが書いてありました。

 

為替の知識がない初心者がトレードすると、まったく勝てなく、全敗して、勝率は0%になるということはないのです。

 

例えば、何の知識もない初心者が、分からないのでドル円をでたらめに買ったとします。

1円上がったら、利益確定をする設定にします。そして、1円下がったら、損切りをする設定にします。

 

逆でもいいです。何の知識もない初心者が、分からないのでドル円をでたらめに売ったとします。

1円下がったら、利益確定をする設定にします。そして、1円上がったら、損切りをする設定にします。

 

それを何回か繰り返すと、結果はどうなるか?というと、2分の1の確率で勝ち、2分の1の確率で負ける。

つまり、勝率は50%になりますという、ごくごく当たり前のことが書いてあったのです。

 

何も知らず、何も分からない人がやっても、50%の確率で勝てるのです。

つまり、株式トレードを知らない分からないという人に、私は、勝率で負けているのです。

 

当然のことですが、練習とはいえ、私は負けるつもりでトレードをしているわけではありません。

これは、勉強不足なのでしょうか?

 

色んな意味でそうなのだと思います。

チャートのトレード・イメージ

原因は色々ありますが、まとめると、2つの要因に分けられると思います。

 

1つ、考え方を含む精神的なこと。

2つ、株式トレードの知識不足、勉強不足。

 

1つ目は、精神的な要因です。

これは、常に冷静に相場に向かい合い、計画的にトレードができるか?ということです。

簡単に言えば、勝てないということは、感情と欲に負けているということです。

 

2つ目は、株式トレードの勉強不足です。

優位性が高いエントリーポイントだけで、エントリーを繰り返せば、勝率は上がるはずです!

少なくとも、何も知らない人の50%の勝率の人には、勝てるようになるはずです。

私の勝率が、51%以上になってもおかしくはないのです。

紙飛行機と空・イメージ

私は、自身を責めているのではありません。

悲観しているのでもありません。

冷静に分析しているのです。

もっと勉強、練習をしたら、トレードがうまくなり、勝率が少しずつ上がるんじゃないか?と思っているのです。

 

ということで、長い目で見て、勝率51%以上になることを楽しみにして、株式トレードのトレード手法・川合一啓先生のトリプルメソッドを学んでいます。

幸い、私は、数字が大好きです。

株式トレードの勉強が楽しくてしょうがありません。

 

なので、地道に勉強して、勝率を上げたいと思います。

 

それでは、最後までお読みいただき、ありがとうございました。

モバイルバージョンを終了